2018年 年頭のご挨拶

年頭に当たり、謹んでご祝詞を申し上げます
旧年中は、格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

昨年は、テロや国家間の紛争が後を絶たず、特に東アジアにおいては、北朝鮮の脅威に先進諸国が振り回された感があります。国内においても、野党分裂によって、自民が図らずも一強体制となり、安倍政権が信任されたことで、今年は、憲法改正の論議が更に加速されそうです。想定外の猛威を振るう自然災害と共に、“危機管理”に対する様々な活動が活発化してくると思われます。
また、我が国は、明治維新から150年・平成時代30年と言う節目を今年迎えることになります。武士の世である江戸幕府が崩壊し、近代化・文明開化の新たな社会システムを構築した明治・大正時代、富国強兵の名のもとに戦争を体験した昭和時代、平穏なるもアイデンティティーを失いつつある平成時代の足跡を振り返りつつ、皇位継承の準備や景気高揚など戌年らしく走り抜ける1年となりそうです。

弊社におきましては、昨年大阪支店30周年・九州支店/名古屋オフィス20周年など、大きな節目を迎えることができました。今年はそれぞれの部署が自立的に判断・決断できる権限移譲を更に進めていき、社会の変化に柔軟に対応しつつ、弊社のアイデンティティーをしっかり構築していく1年としていく所存です。
日本ミクニヤグループの一員である、安全・安心サポート鰍ヘ今年で10年を迎えました。(株)鳥取クリエイティブ研究所は、創業から1年、少しずつ地域の信頼を頂けるようになってきました。ベトナム国で展開している有機性廃棄物減容化プラント「ミシマックス」も、カントー市や日系の工業団地での実証実験を行い、今後、事業化にステップアップする予定です。各部門が展開している地域創生や地域活性化の取り組みも、ようやく芽吹き始めてきました。これらの活動も、本業である環境と防災のリスクコンサルティング事業の延長に成り立っていることに間違いはありません。
本年も皆様のご期待に添うべく、一層の努力を重ねていきます。何卒、倍旧のご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。









平成30年戌年                                     代表取締役 田中 秀宜 拝

更新情報・お知らせ