TECHNOLOGY

現場奮闘記

Q1:ミクニヤに入社した動機

イニシャルT.N(大阪支店環境防災課)
仕事選びにおいて、私が重要視していたのは業務内容で、飽きずに楽しんで続けられそうな業務ができるようにと考えていました。 フィールドに出て体を動かすことや生物を見ることが好きだったので、生物調査に焦点を当てて企業を探しており、 ミクニヤでは様々な種を対象とした生物調査が出来る所を魅力的に感じました。 また、面接時に応対してくださった社員さんが暖かく迎えてくださった事も印象的で、ミクニヤに決める理由の一つになりました。

Q2:担当している業務は

主に生物分野の調査を担当しています。対象種は鳥類・魚類・植物と様々ですが、特に多いのは猛禽類です。 道路等の構造物ができる事による影響を知る為、工事前~後にかけて周辺の猛禽類の分布や繁殖状況を調査します。 調査では朝から夕方まで同じ場所に立ち、猛禽類の行動を記録します。根気のいる調査ですが、 長い期間見守っていたペアから無事に巣立つ様子を見た時はとても感動しました。

Q3:現場で苦労することなど

生物に関する知識不足を日々痛感しています。 同定や生態に関する知識は、勉強だけでなく経験によって身につくものもあると思いますが、 やはり現場に出ると自身の勉強不足を感じます。知っているかどうかで現場の効率や調査で抑えるべき要点が分かるので、 より質の良い現場にしていくために必要だと考えています。 周囲の経験豊富な先輩方から学べる環境も活かして、勉強を続けて行きたいと思います。

Q4.夢は何ですか

私は趣味も仕事も楽しめる大人になりたいと思っています。私は、就職時に思っていた通りに好きな仕事に就く事ができていますが、 つい忙しいと仕事のことばかり考えて疲れてしまう時もあります。仕事を楽しみ続けるためにも自分の時間を確保して、趣味も楽しむ余裕を持てる人になりたいです。

Q5:当社を目指す学生さんに向けて

ミクニヤは楽しんで仕事が出来る人が多い会社だと思います。一人一人が技術者であることに誇りを持っていて、お互いに尊敬し合う関係が作れると思います。 楽しそう、やってみたいと感じていただけたら嬉しいです。一緒に働いてくださる方をお待ちしています。



ページトップへ戻る